ケータイ小説 野いちご

雨のち虹 ~カタツムリの恋~

出会い

今日も雨が降る



誰も信じられない私を


変えようとする人



隣には


ちょっと照れた顔した一人の男





初めて

私を変えようとした人




信じることは怖いこと



だけど…


信じることは素晴らしいこと


信じることは愛すること





雨に濡れた茶色い髪をかきあげる

私に舞い降りた天使




その背中を信じて


歩き出そう



前だけを見て…


きっとまた人を信じられる



信じることをやめたら


誰も愛せない…



茶色い髪の天使は

無邪気な笑顔で笑う



また


誰かを


信じたい







また誰かを


愛したい…






雨の中、傘もささずに会いに来る天使…


その天使の胸に


飛び込もう…


< 17/ 168 >