ケータイ小説 野いちご

【SS】キスしてこいよ、ハニー?

ハニー?




「いちいち言わせんなよ」



ポツリ、と。


長い前髪の隙間に涼しげな目元を隠して呟いた。


わたしは、とびきり嬉しいのに上手く言葉が出てこない。


けれど、染まる想いが答えのような気がするから。



「わたしも、七瀬先輩が大好きです」



わたしの精一杯はこんなものだけれど。


七瀬先輩の前では素直にならなくてはと思った。




< 39/ 41 >