ケータイ小説 野いちご

【SS】キスしてこいよ、ハニー?

【5】理性




「……っ」


唇が離れたか思ったら一瞬ですぐにまた引き寄せられる。


拒もうにも、七瀬先輩はしっかり絡んだ指を解いてくれる気配なんて欠片もない。


まるで、悪魔……。

心の中で呟くと同時に静かに唇が離れていく。


七瀬先輩を見上げると儚げにわたしを視界に映して、熱のこもった息を漏らした。




< 35/ 41 >