ケータイ小説 野いちご

...笑う月。

1










なんで私だけ。




こんな目にあわなきゃいけないの?





ねぇ。どうして。






そう、月に問うた。



そうしたら、月は









─笑ったんだ。

< 1/ 39 >