ケータイ小説 野いちご

不機嫌なキスしか知らない

09.きみだけの記憶で




きみのことだけ考えてるときの方が
甘いようで、苦しかった。


【09.きみだけの記憶で】





< 183/ 275 >