ケータイ小説 野いちご

あと少しだけ隣に……

1章




雲ひとつない青空が広がるこの時期
7月という暑い季節。


あたしは好きだよ?



みんなは嫌いっていうけど好き。



「陽向(ヒナタ)〜?あと3日で夏休みなんだからシャキッとしなさい!」

「はーい。行ってきますっ!」



中学1年生の夏、
あたしが生きた夏……。




< 1/ 70 >