ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

シンデレラにはなれなくて。

Ⅴ.溜まり場



翌日。


私はまた彼らの溜まり場に来ていた。


もちろん遊びに来たのではない。

香川 佳穂に勉強を教えるためだ。



「ゆーあちゃん!勉強の前にケーキ食べよ!」

「…ケーキ?」

「甘い物、嫌い?」

「いや、別にそういうわけじゃないけど」

「じゃあ食べようよ!勉強するには糖分が必要なんだよ!」


私の腕をグイグイ引っ張り、テーブルに座らせた香川 佳穂は、高そうなカットケーキを箱から取り出した。


「いちごのショートケーキか、マンゴームースのケーキ、どっちがいーい?」

「…いちご、かな」

「了解!はい、どうぞー!」


彼女は私に満面の笑みを浮かべていちごのショートケーキを私に差し出す。



< 58/ 250 >