ケータイ小説 野いちご

シンデレラにはなれなくて。

Ⅳ.母親



すっかり遅くなってしまった。


この時間はちょっと、まずいかもしれない。



香川 佳穂は本当に数学が出来なかった。

別に、高レベルを期待していたわけじゃない。

一度問題を解いてもらって、わかっていないところを教えれば良いのだと考えていた。



だが、香川 佳穂はそんなレベルじゃなかった。


基礎を、一から始めないといけないレベルだったんだ。

彼女は"わからないところがわからない"と言っていたがそれは間違いだ。

いや、あながち間違いではないかもしれない。

彼女は"全く何もわかっていなかった"のだ。


とりあえず重要な公式だけ脳内に叩き込んで、ひたすら問題を解かせて、間違っているところを事細かく解説した。

それで大分向上したが、それでも全部の単元が短時間で終わるはずもなく…。



< 44/ 250 >