ケータイ小説 野いちご

シンデレラにはなれなくて。

Ⅱ.遭遇



キーンコーンカーンコーン…


昼休みが始まる合図をチャイムが告げて、ざわめき出す学校。


今日もいつもと変わらず、昼食を食べようとお弁当箱を机の上に出した。


「ねえ高野さんも一緒に食べない?」

「あ、うん。食べようかな」


私はそのクラスメイトのグループが食べている机に自分の机をくっつけて、弁当箱を開く。

もちろんそのクラスメイトの名前は知らない。


「わあ!毎回思うけど高野さんのお弁当、美味しそうだよね~」

「…ありがとう」

にっこり笑えば、クラスメイトは少し頬を赤くした。


「もしかして、これ高野さんが作ってるの?」

「うん」

「すごいねえ。私なんてお母さんに作ってもらってるけど、ほとんど冷凍食品」

「それ、ミホのお母さんが手抜きしてるってこと~?」

キャハハッ!と私の前に座っている子が笑い、みんなも笑う。

私もそれに合わせて少しも面白くないのに、あははって笑う。


お母さんに、感謝するべきだと思うんだけどなあ。たとえ、冷凍食品ばっかのお弁当でも。



< 17/ 250 >