ケータイ小説 野いちご

江戸のうどん屋で働き始めました

それはとても懐かしい味で

***


「あの人は藤堂(とうどう)雅春(まさはる)様。藤堂家の三男で、数少ないうちの常連さんさ。
……これ、着てみな」


「あ、はい」



連れて行かれたのは、店の裏側にある建物だった。

どうやらここに住んでいるらしい。



女性──お菊さんは、私が着られそうな服を身繕いつつ、先ほど店にいた家族──夫の与次郎さんと息子の太一さんの説明をした後に侍のことを話した。



話を聞く限り、お菊さんは侍──藤堂雅春さんのことをかなり信頼しているようだ。


…彼のおかげで仕事にありつけたんだもん、ちゃんとお礼がしたいな。



私は着物を着ながらそんなことを考える。


実は昔、母の趣味で何度か着物を着たことがあって、和服を自分で着ることができる。


人生、何が役に立つのか分からないものである。



「おお!いいじゃないか。私の服だから心配したけど、やっぱり若くて綺麗なお嬢さんが着ると違うねぇ」


「あはは…ありがとうございます」



< 23/ 448 >