ケータイ小説 野いちご

花ちゃんは今日も頼くんの言いなり

Command 1
ガンガン攻めるべからず



ニコリともしない頼くんは、



「……協力してやろうか?」

「え……、」




幼さの残る、男の子にしては少し高めの……だけど、とても心地いい声で私を包む。


「好きなんだろ?涼のこと」


────ドクンッ


私を見透かすように見つめる、何を考えてるのか全く読めない瞳から、逃げ出したい


そう思うのに。


ねぇ……、どうして目が離せないの?


< 1/ 214 >