ケータイ小説 野いちご

[完結]試しに同居してみたら恋がはじまりました。

◇試しに同居してみたら恋がはじまりました。

*実花Side*



「おはよー、実花!!もう話題が朝から実花と伊塚君のことでもちきりってすごいね。さすが人気者」



教室に向かって歩いていた私に、後ろから追いつきそう言ってきたのは若菜。



「登校した瞬間から視線が痛くて痛くて……。すれ違った先生からは、微笑ましく見つめられるし」


「先生からも!?ウケるね!!」



「ウケないよ!?」



結構大変だよ!?
精神力ごりごり削られるよ!?



「実花ちゃんー、若菜ちゃんー!!おはよう!!」



ふたりで話していると、後ろから奈津美ちゃんが走ってきた。



「「おはよー」」




< 303/ 352 >