ケータイ小説 野いちご

[完結]試しに同居してみたら恋がはじまりました。

◆独占欲。

*湊side*



『もしもし、湊ー?』



能天気な声が聞こえてきて、俺は思わず携帯の画面を確認してしまった。

……確かに実花に電話かけてるよな。


なのになんで秀が出る?


『俺さ、今から実花ちゃんとデートだから電話かけないでね』


『はっ!?何言ってるの……!?ていうか携帯!!』



秀の言葉の後に実花の声が聞こえてきた。

……何やってるんだ秀のやつ。
実花とデートって……!!



「お前、ふざけっ……!!」



抗議しようとした瞬間、ブツッと通話を切られた。




< 211/ 352 >