ケータイ小説 野いちご

素敵な日曜日…

ときめきの日曜日




私、三浦弥生は、一か月前の三月に27歳の誕生日を迎えてしまった。


本当なら……

学生の時からつき合ったアキラと結婚する予定(私一人の思い込み⁇)だったのに、一年前、彼の浮気によって、私達は五年という永かった春に終止符を打った。
三年もの間、同棲生活までしていた私達は、寂しい程にあっけなく別れた。
その後のアキラの消息は何も知らない。
浮気相手の彼女と結婚した?とか、子供ができた?とか、おせっかいな友達が情報を仕入れてくるけれど、知りたくもないし聞きたくもなかった。


そして、そんな荒んだ私は、究極の癒しに巡り合った。


たまたま立ち寄ったペットショップに、その癒しの天使は小さなゲージの中に入って私を待っていた。











< 1/ 32 >