ケータイ小説 野いちご

最後の夏

プロローグ

今まで、ありがとう。

大好きでした。あの日を思うと涙がまだ止まりません。

それでも、バイバイなんだよね。











また会えたら。

< 3/ 3 >