ケータイ小説 野いちご

病気持ち少女とNo.1暴走族

衣装作り係








「鈴華!文化祭だって!」



「ふぅん」



「…興味ナイ系?」



「帰りたい」





もうクタクタだ。

何か鈴翔のお兄さんから
毎日病室に診察来るようにって、
僕がしたいだけだから
お金はいらないからって言われて…。



夜まで診察、診察、診察、診察で…。





「めんどくせぇ…」



「文化祭でやるの、劇らしいよ?」



「はぁ?!」





めんどくさ…。





「で、どんな劇やるのさ」





面倒くさいのだったら絶対やらない。





「白雪姫だって~。
練習夜までやるらしいよ?
みんな覚えが遅いからって」



「じゃあ私はパス」



「え?なんでぇ?!」



「…夜は、病室行かないとダメだから。
あ、私がどっか悪いって事じゃなくて、
知り合いがもうすぐで
余命宣告された日だから、
なるべく多く一緒にいたくて」

< 98/ 231 >