ケータイ小説 野いちご

病気持ち少女とNo.1暴走族

イジメのリーダー







夏休みが終わり、学校が始まった。



嫌われ者の私を演じて氷龍とは距離をとる。





「鈴華~!
夏休みにしたぁ?」



「んー、海に行ったかなぁ」



「いいなぁ!
今年の花火大会は雨で中止になっちゃったし、
海行きたかったけど焼けるの嫌だったしぃ…。
ぜんっぜん楽しくなかったのぉ!」





沙奈がそう言ってガッカリ顔になる。


が、何かを思い出して
何かを企む笑みを見せる。

< 91/ 231 >