ケータイ小説 野いちご

病気持ち少女とNo.1暴走族

夏休みは病室で







あれから数週間。


夏休みに入った。




私の夏休みの始まりは病室だ。





「鈴翔。暇なんだけど」



「しょうがないだろ。

ほら、リンゴ」



「脱走してもすぐに鈴翔に捕まるし。
てかなんで夜の病院にいるのさ」



「ここの病院、俺の兄貴がやってるから。
泊まれる」





最悪だ。
ほんっとうに最悪だ。





「鈴華、退院したら海行くぞ」



「なんで海…。
人多いじゃん」



「次は貸し切りだ。
夏と言えば海だろ」





…そうなの?

< 35/ 231 >