ケータイ小説 野いちご

闇の中に咲くランの花 Ⅰ

真実について語りましょ? 麻琴side


今は、着替えて屋上に居る


みんなに話さないとね……


ガチャ


潤「麻琴?」


麻琴「どうしたの、潤。そんなに暗い顔して……何かあった?」


潤「ワイ、隠し事してたさかい…仲間やない言われたらホンマにアカンかも…」


麻琴「大丈夫だから!」


潤「なぁ…ワイの過去聞いてくれるか?」


麻琴「いいよ?……無理しないでね?」


潤「ありがとな!」

< 172/ 292 >