ケータイ小説 野いちご

あの日、キミが流した涙の先へ

Memory 2 さよなら、バスケ




昨日、カーテンを閉めずにいつの間にか眠ってしまっていて、気づいたら太陽の光が眩しくて目が覚めた。



だけど、まだ家の中で物音はしない。



壁に掛けられた時計を見るとまだ5時だった。



「朝だ……」



少しずつ日が長くなってきて、まだ早い時間なのにもう明るい。



この時間だったらまだお母さんたちも起きていない。



すぐにお風呂に入って、家を出よう。



今日はちゃんと学校に行かないと。



わたしは机の上に『学校に行ってきます』とメモを置くと、音を立てないように気を付けながらそっと家のドアを閉めた。




< 15/ 103 >