ケータイ小説 野いちご

神の世界へやって来たなら!?

作戦実行




  



「金子君、私じゃダメですか?」


涙目、上目遣いで見つめる。



「君は学年主席の星宮夏樹さんだね」


ちょこんと金子君の裾を握る。


「学年主席のわたしだけじゃなくて」


背伸びをして


「ホントの私も知ってほしいです」


耳元で囁くと顔を赤く染める金子君。




「迷惑ですよね。ごめんなさい」



裾を離し、俯く。



いのり君に教わった押して押して引く作戦。


「金子君人気あるからずっと遠くから見てました」



もう一度上目遣い。


「好きです金子君」




一瞬戸惑ったけどやるっきゃない!




腹をくくれ私!

< 121/ 312 >