ケータイ小説 野いちご

平凡少女の恋愛事情

事情二つ目

「おはよ!秋!今日もねむそうだね!」


「うん……おはよ……灯は元気だね……」


あの日から1週間たった

1週間……そう、たったの1週間!

なのに……不幸すぎる……

一年分の不幸なんじゃないだろうか……


「そういえば、最近翔と喋ってるけど仲良くなったの?」


「いやいや、ただのクラスメートだって……というかそう信じたい」


赤城 翔

この凛導高校1のモテ男だ

性格は明るく優しいフレンドリー

そう、フレンドリーなのだが……

最近は私もばっか何故かしゃべる

そのためこの1週間

女子から睨まれるわ、呼び出しくらうわ

陰口言われるわ、ちっさいながらもいじめてくるわ……

まあ、その全てをスルーした

それでも疲れる……

赤城の相手をするだけで疲れる

なんてたって明るい性格ですからね

しかもフレンドリー

話す内容もそれぞれ

その内容は私は興味なし

つまり、話をしてるだけで疲れる

私が興味あるのは弓道とアニメだけだ

あとは……恋愛か……


< 5/ 7 >