ケータイ小説 野いちご

今日もボールを追いかける。

今日もボールを追いかける。




初夏の風が吹いて、徐々に暑さが増してきた6月下旬。


授業中にほおづえをついてうたた寝していた彼を、いつものようにこっそりと盗み見ていた。



彼の右後ろ、つまり斜め後ろの席はあたしにとって特等席で。


相変わらずまつげ長いなぁ…なんて、考える。



…あ、ひじが机からずれ落ちそう。


それに、右手にのっている頭もだんだんと下にさがってきている。



毎日毎日お疲れ様とこころのなかでつぶやいて、板書の続きをしようと黒板を見ようとした、その瞬間。


彼のひじがずれて、音を立てずに机から落ちた。


びっくりして跳ね上がり、周りの人に見られていなかったかキョロキョロして確認する彼は、見ているだけでおもしろい。



< 1/ 45 >