ケータイ小説 野いちご

漫画のような恋がしたい!

偽りの彼女、始めます

「おい、コラ」





「はい…………」






「もっとこっち近づけバーカ!バレるだろって!」




そういわれても……




私と彼の距離は3メートル弱。彼が怒るのも納得出来る。



しかし、私の心はもう立ち直れそうにない。




全ては健一郎のせいだ。





死ね!!!!と言わんばかりに睨む。
とは言っても原因を作ったのは私。
「恋がしたい」
なんて言ってしまったのが間違いだった。


「弁当。」



「なんですか、弁当って。」




反抗出来るようになった。


「あ?なんだって?」


この人、モテるくせに性格はクッソ悪い。多分ナルシスト。




てゆーか、未だに怖い。




「…明日からでもいいですか」




「………おう」



あれ?可愛い反応。


「もしかして、女の子から弁当もらうの初めてですか?」




図星なのか分からない。だけど、耳が真っ赤だ。可愛い発見。



「っせーな。いいだろ、別に」




ちょっと和む。

和むのもつかの間。明日のことを思う。



明日から、かぁ。

朝、弱いのになぁ
心の中で思うのは後悔のみ。


健一郎にどこまで振り回されるのかな。



冒険みたいで楽しいと思う自分と、これからどうなってしまうのか不安な自分がいる。



『偽りの彼女』だけど…………




好きになってたらどうしよう、なんて。



「そんなわけないよねーー!」




「あ?うるせーよ」




声に漏れてた。危ない。




第一、健一郎の性格だったらまず好きになれないな、と自分を説得。








とりあえず、明日から頑張ろう。


そう、心の中で決めたのだった。


< 2/ 11 >