ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

花舞う街のリトル・クラウン

2nd CHapter
flammerouge - フラムルージュ -

flammerouge【情熱・炎】


リュートの店の改装祝いには大勢の人が訪れた。多くの人は飲食店関係者のようで、店主であるリュートに嬉しそうな顔をして声をかけている。

王都一の花屋の店主であるオリバーもそのようで、多くの人から話しかけられていた。

そんな様子を少し離れた場所でリルとアーディは見守っていた。店主が客人を迎え入れている間は見守ること以外に何をすべきか分からなかったからだ。

すると誰かがアーディに声をかけた。


「アーディ、こんなところで何をやっているんだ?」


その声が聞こえた方に目を向けるとリルは目を見開いた。


「し、シオン!君こそどうすてここにいるのさ!」


アーディも驚いたようで立ち上がるとシオンの方にかけていく。


「まさか君が改装祝いに来てくれるなんて思わなかったよ。仕事は忙しくないのかい?」

「リュートの店にはいつも世話になっているからな。仕事はまあ、いつも通りだ」

「あんまりテオさんに迷惑かけないように。可哀想なことと言ったらないからね」

「あいつはそれが仕事だ」

「もう、またそんなこと言って」と呆れたような表情をするアーディに、シオンはそっぽを向いた。するとその視線の先にリルが移ったようで、「お前、なぜここにいる」と問いかけた。

「フルリエルの仕事で来ました。まさかシオンが来るなんて思ってもいなかった」

呆然と見つめ合う二人を見たアーディは「あれ、知り合いかい?」とシオンに問うた。

< 56/ 204 >