ケータイ小説 野いちご

現代妖怪会談

小さい古びたお堂

時間は深夜3時。

丑満つ時。

人間の子供が小さくなってようやく入れる様なお堂。

人影はなく、昼間でも人は寄り付かず、もう何十年も忘れ去られたお堂。

そのお堂の中に、三つの影が向き合って座っている。

大阪は松原出身のタヌキ。

大阪は信太山出身のキツネ。

四国は高知出身の犬神。


「はじめまして。野狐をやらせてもらってます。コスモです。出身は…」

「コスモ?」

タヌキが犬神を見ながら話を折る。

「はぁ、宇宙と書いてコスモと読みます。」

タヌキは、大笑いして言う。

「キラキラネームか?」

犬神は、キョトンとして聞く。

「本名かや?」

キツネは、恥ずかしいのか頬を赤らめて小さな声で答える。

「本名です。キラキラネームだとは思ってません。」


タヌキが大笑いしながら続ける。

「ゲヘヘ、ククク、、俺は、大阪の松原から来た化けタヌキ。名前は陣次郎!」

犬神が言う。

「変な字を書かんやろ?」


「大丈夫!陣取り合戦の陣に、次郎と書く!」

タヌキは、胸をドンと叩いて答えた。

キツネが気を取り直して犬神に言う。

「犬神はん、紹介お願いします。」

犬神は、一つ咳をすると始めた。

「名前は、特になく犬神と呼ばれている。神の眷属として今日は参加させてもらった。」

キツネが言う。

「神の眷属?」

犬神が目を閉じて言う。

「そう。」

キツネが言う。

「神の眷属?」

犬神が目を閉じたまま言う。

「そう。」

キツネが言う。

「呪詛から生まれたのに?ただの憑き物やのに?」

犬神が目を大きく見開いてキツネに襲いかかる。

「このやろー!黙って聞いてれば!四国にキツネがいなくなった訳を教えてやろうがじゃ‼」

タヌキがゲラゲラ笑いながら言う。

「まぁまぁ、神も零落すれば妖怪と同じやねんから気にしなや。犬神はんは、少し前まで神さんやったんやから。二人とも恥ずかしいことしなや。」

キツネと犬神は、タヌキの態度に気を取り直した。

何故なら、暗くて判らなかったが、タヌキは下半身を出しっぱなしで男前の顔をしていた。

キツネと犬神は、同じことを思う。

【一番恥ずかしいのはお前だ!】と…






< 1/ 18 >