ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

僕は、花本美咲を忘れない

あとがき

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


まだ長編の方の小説が完結していないのですが、少し書き進められなくなってしまったこともあり、この作品を書くことにしました。


最近では悪いニュースがない日なんてありませんよね。

毎日誰かが傷ついて、傷つけられて。

私が偉そうに言えることなんて何もないし、私自身そうなのですが、その一つ一つのニュースに考えを巡らせることなんて、しないと思います。

見知らぬ誰かの命が日々失われて、その誰かの名前を何人覚えているかと聞かれれば、私は答えられません。

子どものくせに何を語っているんだ、と思われそうですね(笑)

こうして作品を書きましたが、この作品によって何を伝えたいのか、私自身よく分からないんです。

だから、読んでくださった方がそれぞれ、様々な受け取り方をしてくだされば嬉しいです。


長々とすみませんでした。

ありがとうございました!

< 22/ 22 >