ケータイ小説 野いちご

こんな嘘みたいな恋愛あるわけない!

Love 2
side 青葉麗



9年ぶりに再開した伊紅は、最後にあった時よりも、かわいくなっていた。


嬉しくて、嬉しくて、顔がほころぶのが隠せなかった。



でも。


「同じ、小学校に行ってた…よね(?)」


何でそんなふうにそっけない言い方するの?



でも、会えて嬉しかったから。

夏より先に、伊紅に抱きついた。



夏に引きはがされたけど。



戸惑ったように、席に戻っていった伊紅。


俺はもっと。

感動の再開を想像してたんだけどなぁ。




午前中はそのまま、ぼんやりと授業を受けた。

結局、授業の間の休み時間も、伊紅は近付いて来なかった。


< 61/ 394 >