ケータイ小説 野いちご

こんな嘘みたいな恋愛あるわけない!

Love 2
side 櫻木伊紅




なんか今、すっごい見られてる気がするんだけど。


……気のせい、じゃないよね?

そんなに転入生が珍しいんかな。



なんて思ってると。


ガタッ


隣の席に、アイドルの片割れが座る。


「私、転入してきた、櫻木伊紅。よ、よろしくね。」


顔を見ると、ほんとにキラキラしていて、思わず言葉に詰まってしまう。

< 55/ 394 >