ケータイ小説 野いちご

こんな嘘みたいな恋愛あるわけない!

Love 0




3月の終わりの日のこと。



「夏、麗ちゃん」

「何だよ」「何?」


「私、明日から引っ越すんだ」

「はぁ?!…何言ってんだよ!」

「そうだよ!明日なんて…急すぎるよ!」

いなくなることを、幼なじみの二人に告げた。



「ごめん…。辛くて、言えなかったんだ」

「…やだ!行くなよ!」


一人は引き止めてくれた。


「…」

「僕がおじさんたちに言ってくる」


一人は交渉をしようとしてくれた。


< 1/ 394 >