ケータイ小説 野いちご

先生。あなたはバカですか?

プロローグ




今思えばそれは、





私が生きてきたちっちゃなちっちゃな世界に、





まるで何かの映画で観たような





“超巨大隕石が空から降ってきた。”





そんな感じの瞬間だったのかもしれない。







< 1/ 434 >