ケータイ小説 野いちご

未知の世界4

新たなる生活


「かなぁ?今日健診だろ?」





旅行から帰った翌々日の朝。





出勤の朝を迎えた幸治さんが、朝食の準備をしている私に声をかけた。




「はい、10時からです。」





「あぁ、それじゃあ一緒には行けないな。





また終わったら、メールだけ入れておいて。」






「はいっ。」




何だか最近、過保護・・・・・・?





それか独占欲が増えてきたのか、私のことを気にかけてくれてるのか、今まで何かやり終えても、連絡が欲しいなんてなかったのにな。





まぁ、それだけ大切にされてると思えばいっか。






そんなことを考えながら、朝食の準備を終えて、幸治さんと食事を始めた。

< 99/ 242 >