ケータイ小説 野いちご

未知の世界4

。。。


暖かな光が、窓ガラスを抜けて、机の上に並べられた本を照らしている。






遠くで子供の泣き声や、笑い声が聞こえる。






ほのかに匂うコーヒーの香り。








ここに戻って来れた。





という喜びの気持ち。






今を生きているんだ。






という感謝の気持ちで、白衣の上から胸をさする。







ありがとう、そしてこれから一緒に生きていこう





そう、心の中に話しかける。






…トクン







〜うん〜








そう答えるかのように、優しく心臓が鳴る。








「佐藤、行くぞっ!」







反対側に座る石川先生が、立ち上がりながら私に声をかける。




「はい、今行きます!」







腰をあげると、







「今日からだな。頑張れよっ!」







と、医局中の先生が私を見つめていた。







「ありがとうございます!頑張ります!」







と、大きな声で返すと、






「頑張り過ぎるなよっ。」






医局の出入口にいた幸治さんに優しく声をかけられる。







研修医として戻ってこられた。





再び、白衣を来て、この医局に戻ってこられた。







また今日から、新たな一歩を踏み出した。






< 241/ 242 >