ケータイ小説 野いちご

それは、落ちた。

そして




『真帆、』

『……』

『ねぇ、真帆』

『……』

『何も言わないってことは、
 それが真帆のこたえってこと?』

『……』


それでも黙り続ける私に彼は、"ごめんな、真帆"と言葉をひとつ落として、私の頭をそっと撫でて、私の前からいなくなった。


涙は留まることを知らずに溢れてきて、そんな私の頬を優しく拭ってくれる彼がいないことに、また涙はこぼれ落ちた。



< 1/ 4 >