ケータイ小説 野いちご

神様になりました 2

2学期
魔校戦・零・



あれから数日が経った今日

HRが始まり僕達は担任から驚く事を聞かされた


「1週間後に魔校戦があっから〜
詳しいことはまた今度教える。」


魔校戦?何だそれ。

辺りはざわざわと騒ぎだし教室はあっという間に煩くなった

(魔校戦ってなに?)

肩に乗ってるアルムに念言で伝えた


(この学校と他校の学校3つ、計4つの魔法学校が競い合い戦う。毎年1年のみの参加だから一種の交流戦みたいなものだな
結構盛り上がるって噂だな、、)

へぇ〜だからこんなに煩いのか。
ま、僕には関係無いな
そう思って適当に担任の言葉を聞き流す

やっとHRが終わったと思ったら最後に担任が爆弾発言を残して行った


「五代貴族と伊月は強制参加な!」

「「は?」」

初めて彼らと声が重なり合った。

いやいや可笑しいだろ。僕、やりたくないンだけど、、、

(頑張れ…優雨)


アルムの哀れみの念言は頭の中を"やりたくない"1つの僕には一切届いてなかった


本当にどうしよぉぉー




< 9/ 67 >