ケータイ小説 野いちご

初めての相手は無愛想上司

無愛想な私と上司
6




私の心臓…もつかな?
凄い音を立ててるよ?

どうしていいかわからず
ただ、されるがまま…


いやいや、そう意味じゃなくっ!
今、小山課長の腕の中にいる


だ、抱きしめられている
驚きもあり恥ずかしさもあって
どうしていいかわからず
けど、体が熱い

…熱すぎて…のぼせそう



「桜庭」


ただ名前を呼ばれただけで
眩暈がしそうだ




やっと両想い、



その言葉、反則だよ
嬉しそうに言って
更に私を抱きしめてくれた


せっかく止まった涙も
また溢れ出してしまった



「泣き虫」


『…泣き虫…じゃ、ありませ、ん』


今日は泣きっぱなしだ
こんな自分も初めてだ
小山課長には乱されっぱなし…



「俺の前だけだぞ」


わかっています、というつもりで
小山課長の背中へ腕を回した

< 82/ 222 >