ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~【番外編】

-若菜-


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ある日、校門を出ると思いがけない人物を発見した。


トクン……と胸が高鳴る。


それは、制服姿でバイクにもたれ掛かっている和希くん。


……でも、なんでこんな所に?


暴走族に入っている和希くんの放課後は、基本忙しい。


優月ちゃんもいつも行っているという、倉庫に溜まっているから。


あたしも一度、敵対する暴走族に拉致された後、優月ちゃんに連れて行かれたからどんな場所かは知っている。


ちょっと怖くて、近寄りがたい薄暗い場所……。



和希くんとは、この間ここで再会して以来何度か連絡を取り合っている。


でも、実際に和希くんを見るのはその日以来で驚いた。

< 94/ 148 >