ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~【番外編】

-優月-


自分の部屋で身支度を整えてから下へ降りていくと。


「おっはよー!」


珍しく早起きの大翔が、フライパン片手に上機嫌で朝の挨拶をしてきた。


日曜日の大翔は遅起きなのに……と、目をこする。


「早っ……。まだ7時だけど?」


「もうすぐ朝飯出来るぞ。フレンチトーストフルーツ乗せ!」


……どんな風の吹き回し?


意気揚々と言う大翔に首を傾げる。


チラッと覗くと、フレンチトーストらしきものがフライパンで焼かれていて、カラフルなデザートが用意されていた。


「菜月さん来るんだろ?いいとこみせねーとな!ばーっちりお出迎えするから
っ!」

< 47/ 148 >