ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~【番外編】

-優月-





チュンチュン……。


目を開けると、そこには新しい朝がやって来ていた。



「もう、朝……?」


夢を見た記憶もなければ、短い針が半周も進んだほど寝ていた自覚もないのに。



どうして目覚めたんだろうと考えれば、やっぱり小鳥のさえずりで。


なんて平和な朝なんだろうと、笑みが漏れる。


肌に絡みつく、慣れないシーツの感触に顔を横にずらせば。


まだ隣でぐっりす眠っている、あたしの愛しい人。


───凌牙。

< 29/ 148 >