ケータイ小説 野いちご

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~【番外編】

-凌牙-



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



深夜0時。


ベッドの上から見えた下弦の月が、部屋の中にうっすらと灯りをもたらしていた。


こうやって、月明かり一つで俺が体を横たえられるのも、隣に優月がいてくれるからだ。


俺の腕の中で眠っている優月に視線を移すと。


「……ん……」


俺の髪が優月の目元にあたり、唇から小さな寝息が洩れた。


そのまま優月は反対側に寝返りを打とうとするから。


俺はそれを許さず、その体を強引に戻し引き寄せた。

< 2/ 148 >