ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

涙のむこうで、君と永遠の恋をする。

③さよならの涙に決意する




「おはよう…おばあちゃん」


あたしは、2階の自分の部屋から出て、1階のリビングにいるおばあちゃんに声をかける。



「おはよう、ほのかちゃん。ご飯出来てるからね、一緒に食べよう」


おばあちゃんは、机にお味噌汁、肉じゃが、ブリの照り焼きを並べる。


おばあちゃんは、今年で66歳になる。

あたしとお母さんを助けてくれた人。


「いただきます」

「うん、お食べ」


あたしは手を合わせて、朝食に箸をつける。


もくもくと食べるあたしを、おばあちゃんが優しい笑みで見つめている。


お腹、空いてないんだけどな…。

というより、あまり食べる事に楽しみを感じない。

食べないとみんなが心配するから無理矢理流し込むだけ。


『ここで速報です。今日午前2時頃、「子供の泣き声が聞こえる」と近所の通報があり…』


「……?」


テレビから流れるニュースが気になり、あたしは顔を上げる。


画面には、【幼児虐待により、6歳男児死亡】の文字。


ードクンッ…ドクン、ドクンッ


心臓が、早鐘を打つ。


瞬きも忘れるほど、瞳孔も散大するほどにテレビから目が離せない。




























< 37/ 233 >