ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

白衣の王子様-after story-

水平線の向こう側
2

最近真白の子宮口が
開いてきつつある。

点滴で抑えてはいるが、
まだ8ヶ月。
せめてあと1ヶ月は持って欲しい。

世間はもう12月。
病棟はクリスマス仕様に飾り付けされている。

真白の病室にも
小さなクリスマスツリーを置いた。


「可愛い。」


と顔を綻ばせながら言う真白の方が
数倍も可愛いと思う。


「ナツくん、最近よく眠たくなるの。」

「妊娠してるからだよ。
今のうちに眠っておかないと
体力持たないぞ〜!」

「それは困る〜すぐに寝る!」


真白は布団を耳までかぶり
微睡みだしたので
夏樹はおでこにそっとキスをして
病室を後にした。

< 37/ 45 >