ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

白衣の王子様-after story-

水平線の向こう側
静かなお祝い


真白side


看護師が部屋に入ってきた音で
目が覚める。


『藍原さん、目が覚めました?
良かった。
朝野先生すぐに戻ってきますからね。
ずっと側に居たんですよ。』


病室を見渡せばソファーに
医学書やら毛布が散らかっている。


ガラガラ

夏樹が戻ってきた。
体を起こそうとすると
慌てて止められる。


「まだ寝てなきゃダメ。
赤ちゃんビックリして
切迫早産気味だから
これからは絶対安静。」

「えっ!?」

「出勤したら
真白が運ばれてくるし
どれだけ俺が心配したか。
ほんと心臓に悪い。
仕事は当面お休みだからね。
担当医命令!」

「はい…ごめんなさい…。」

「でも真白と赤ちゃんが
無事で良かった。」


そういって真白を
優しく壊れ物を扱うかのように
抱きしめた。

< 33/ 45 >