ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

銀髪姫の恋物語〜やっと掴んだ幸せ〜

高校3年生
仕事と恋愛

やっと続いた戦いも終戦を迎え、今はただ静かに時が進むのを待つだけとなった。


高校3年になり、クラスメイトは一気に受験モードとなった。


それは私も同じで。


一応大学まで行く約束だから大学受験はするつもり。


だけど私の受験する大学は、日本でも頭の良い学校として有名なT大。


それは県外にある。


史音は私と同じT大を受ける…らしい。


らしいって言うのは、あんまり受験の話をしないから。


それ以前に、史音と会う時間すらないのだ。


終戦を迎えて平和に戻ったのは街だけで。


終戦のために仕事を休んでいたせいで仕事が溜まり放題。


それを片付けるために、放課後はいつも会社か家に直行という状態。


倉庫に行く時間すらない。


クラスも違うから学校で会うことも出来ないし…。


移動中に友達と話す史音を遠くから見つめる毎日。




< 2/ 110 >