ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

銀髪姫の恋物語〜やっと掴んだ幸せ〜

高校3年生
高校最後の文化祭

「な、なにこれぇぇえぇ?!」


史音が私の補助兼癒し役になってから約1ヶ月。


あれから私は仕事三昧で学校に行けないでいた。


もうすっごい仕事の量!!


パーティーやら、接待やら…。


しかもそれが急ぎのものばかりで、1ヶ月かかってやっと終わらせた。


そして久しぶりに登校したら…。


学校の門はキラキラに飾りつけされていて、グラウンドには屋台が並んでいる。


門には『藤倉学園第20回文化祭』と書かれた看板があって…。


それを見て、私は今日が文化祭と初めて知ったのだ。


どうして教えてくれなかったのよ、史音のバカ!


「あっ!夕凪さん!おはよう!」


「お、おはよう」


教室に向かってるとクラスメイトに挨拶された。


転校した時は追いかけ回されたけど、史音のおかげで今は追いかけ回されることもなくなった。


普通に挨拶もしてくれるし。


…それよりも気になることがあるんだけど。


「その格好…どうしたんですか…?」


笑顔で聞いてみるが、クラスメイトの服装に笑顔が引き攣る。




< 19/ 110 >