ケータイ小説 野いちご

カノジョとカノジョ

好き。

私はわかっていた。

私が目で追いかける先生が好きと。


でも、わからない事もあった。

先生は目で追いかける私を好きと。

< 6/ 53 >