ケータイ小説 野いちご

君のいない世界なんて

君は愛されてる




何も見えない。



何も話せない。



何も動かせない。





そんな暗闇の中、唯一耳だけはよく聞こえていた。



< 43/ 47 >