ケータイ小説 野いちご

不機嫌ウイルス

******




「なんか五十嵐くんの風邪うつったかも」

それはいつもの昼休み。

今朝からなんか体調悪いなーって思ってたけど同じクラスの五十嵐くんが風邪で休みだって聞いてきっと原因はそれ。


「は?」

隣でパンを食べてる晴人(はると)がギロリと私を睨む。


「いや、だから風邪が……」

一応彼氏。

男が優しいのは最初だけ~なんて言うけど晴人は最初から優しくなかった。サッカーのエースで女子にモテモテだったけど手作りは気持ち悪いとか応援もうるさいとかかなりの毒舌で。

まぁ、それでもカッコいい!って追っかけの女子の数は減らず、私もそのひとりだったんだけど。




< 1/ 13 >