ケータイ小説 野いちご

フレキシブル・ソウル

シニガミガニヒキ



「ちょっとお…」



自分のぼやきすら、豪雨の音に紛れて聞こえない。

たいして広くもない我が家の前庭は、完全に水没し、茶色の池と化していた。



「まさかと思うけど、伸二さんの仕業じゃないですよね」



だいぶ経って、どこからか、ぽつんと声がする。



「違う」

「激しめの涙雨ってやつかと」



返事はない。

ため息をひとつついて、窓際からベッドに戻ろうとしたところに、母が入ってきた。



「寝てなきゃダメじゃない、熱上がるわよ」

「だって雨すごいんだもん、久しぶりじゃん、こんなの」

「そうねえ、あーちゃんが学校行ってたら心配だったわ、よかった、お休みで」



窓の外を見ながら、持ってきたトレイを机に置く。

その上では、土鍋が湯気を吹いていた。



「川が切れないといいわねえ」

「山のほうで長引かなければ、大丈夫じゃない? 天気予報も、週末は晴れるって言ってる」

「よかった、お祭もあるものね」



微笑んで、母がカーテンを少し閉める。

さすがに懲りたのか、一晩の入院から戻って以来、一滴もお酒を飲んでいないはずだ。

その顔には生気が宿り、美しい。



「こう雨がひどいと、村長の家も、見えないね」



母の返事が、一瞬遅れたように思えたのは、気のせいだったんだろうか。

小椀におかゆを盛った母は、はい、とベッドに入った私にそれを渡すと、にっこりした。



「そうねえ」



ごめん、探るような真似して。

ひとりになってから、心の中で謝った。


< 70/ 154 >