ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

フレキシブル・ソウル

なぜ、どうして


翌朝、地元の新聞をくまなくチェックした。

それらしい事件は、載っていなかった。


かつがれたのかという考えが一瞬浮かんで、消えた。

私と林太郎は、気絶させられた。

そこまでして人をだます、意味はない気がする。





おじさんは、戻ってこなかった。

埃の舞う倉庫で2時間くらい待った頃、おもむろに林太郎が、帰ろや、と立ちあがった。



「でも、おじさんが困るんじゃ」

「あの人は、ただ邪魔されたくなかっただけや。僕らが戻らんくて騒ぎになったら、ほれこそ困らせてまう」



言われてみれば、そうだ。



「鍵もかけてえん、おじさんは僕らがこうするの、わかってたと思う」

「戻ってこないつもりだった?」



林太郎は、少し首をかしげて、静かに言った。



「僕は、ほうは思わん」



私も思わない。

たぶん戻ってこられないような何かが、あったんだ。


おじさん、今どこで、何してるの。

大丈夫?








「ねえ、実咲(みさき)先輩が戻ってきてるんだって」

「え、なんで、仕事は?」

「それがさあ」



まあ噂なんだけど、と智弥子が顔を寄せてくる。

ジワジワと窓の外でセミが鳴く、火曜日。



「例の、サラリーマンの彼氏いたでしょ、その人が関係してるっぽいんだわ」

「一緒に戻ってきたのか、彼もこのへんの人だったよね」

「最新の情報では、その彼氏が入院したって話」

「えっ、看病のために帰ってきたってこと?」



< 59/ 154 >